*All archives   *Admin

2016.12.28 (Wed)

MUGEN初心者講座モドキ① ~そも「MUGENって何ぞや」という人の為に~

さて、誰にも望まれることなく、唐突に始まってしまったこのコーナーは、表題の通り、
「MUGENってそもそも何なのさ」
という方々から、
「MUGEN自体は知ってるけどナニをどうすればいいんだい?」
という方、
「MUGENは持ってるけど何か判らんぞ」
という方まで、所謂「MUGEN初心者」の疑問点や躓きを、暇人が通った道を交えて紐解いていくコーナーです。
ぶっちゃけ大先輩方の講座の方が判りやすいです。これは「自己満足ノート」に近いモノだと思っています。
しかし、何でもない事で躓き、MUGENから離れてしまう初心者達を多く見て、「勿体ない」と思ったのも事実。
ですので、自分なりのMUGEN活動として、この記事が迷える初心者の参入する土壌を広げる一助となれば、と思い、書き上げました。
宜しければ、どうぞ。

【More・・・】

そもそもMUGENとは?

端的に言い表すならば、「格闘ゲームエミュレータ」です。
自由度が非常に高く、現存する格闘ゲームの仕様をほぼ完全に再現する事が可能です。
自分だけのオリジナルキャラから、既存の格闘ゲームキャラを「再現」(移植では無いので注意)したキャラ、アニメや漫画のキャラに、果てはテトリスやSTGと、その参加、製作キャラに制限は在りません。
また、闘いの舞台となるステージ、ライフバー、そしてセレクト画面を始めとする外観まで、見える部分はおおよそスキンの様に変える事が可能なのです。
世界中の同志が作り上げたデータをダウンロードして遊ぶも良し、自分で素材を集めて作っても良し、高度な戦闘を繰り広げるキャラを眺めるも良し、全てMUGENの楽しみ方の一つです。
原作ゲームや漫画では実現しなかった夢の競演やオールスターバトル、格闘とは無縁の連中のハチャメチャバトル、そしてその収集性と、我々のロマンを擽る要素がてんこ盛りなのです。

MUGENを始めたい

MUGENは、フリーウェアです。
つまり、お金を払ったりする事無く、ある程度のスペックのPC(現在利用されているPCなら先ず問題ない位)さえあれば、今直ぐプレイする事ができます。
また、多くのゲームと同様、レジストリ等に登録する事も無いので、消したくなったらゴミ箱へ投げればOKです。
その性質上、USB等に入れて持ち運ぶ事も可能です。
始めるだけなら簡単です。
何時でも止められるのですから、気楽に行こうではありませんか。
では、MUGENに少しでも興味を持てたのなら、先ずは以下のサイトへ行きましょう。

無限高校

サイト内や兄弟サイトをたどれば、MUGENに関する一通りの事は判ると思います。
ぶっちゃけこの記事見るより判りやすくて早いです。
一応、このサイトにもMUGENの本体は在りますが、DOS版(その名の通り、MS-DOSでのみ起動する旧版)やWIN版(一部キャラが上手く表示されないので非推奨)、β版である1.1(お試しセットはあるので、使ってみても良いかもしれない。但し、スキン〈アドオン〉は殆ど無いが)なので、現在国内での主流であるwinmugenplusを此方からダウンロードしましょう。

パスワードを要求されますが、”mugen”と入力しましょう

国内で製作されるキャラの殆どは、このwinmugenplusを使って製作されています。
ですので、エラー等を避ける意味でも、此方をお勧めします。
但し、海外ではすでに1.0が主流な上、国内でも1,0専用キャラは存在します。
現在、MUGEN製作チームであるエレクバイトのサイトが消えている為、1.0はダウンロードできない様です。
ご注意下さい。

ダウンロードしたwinmugenplusを解凍しましょう。
zip形式ですので、ウィンドウズ標準の機能で開けます。
が、後々の為にも、これらのソフトを入れておくと吉です。
どちらもフリーソフトですので、気軽に使えます。

7zip

DGCA

これらは所謂解凍ソフト(詳しくは延べないが、圧縮ファイルを展開する為のソフト)で、MUGENライフを送る上で非常に重要な役を果たします。
MUGEN用として(と、言うよりはHPやアップローダ等でデータを遣り取りするモノ全般)ネットに公開されているファイルは、原則圧縮されています。
当たり前の話ですが、圧縮されたファイルはオリジナルよりも容量が小さくなっています(何で、というのは自分で調べて頂きたい。二分も掛からないハズ)。
この方が、データ通信料やHDDに優しいのです。
MUGENで扱う為に作られ、世界中に埋まっているファイルは、様々な形式で圧縮されているのが殆どです。
ウィンドウズ単体で開けるのはzipのみ。
これではどうしようもありません。
そこで、解凍ソフトの出番です。
7zipは、大抵の拡張子の圧縮ファイルを確実に開けますので、持っておいて損はありません。
一応、お金を払うという項目もありますが、MUGENにおいては必要ナッシング。
無料で使えます。
しかし、7zipでは一部開けない拡張子があります。
dgcと、gcaです。
これを開けるのが、DGCAです。
古いデータだと、たまにこの形式である場合があるのです。
ですので、MUGENに関しては、取り敢えずこの二刀流で大丈夫でしょう(7zipを既にお持ちの解凍ソフトで代用しても大丈夫です。但し、7z形式が開けるものが良いです。昨今のMUGENファイルは半分近くが7zですので)。

さて、ファイルを解凍すると、ファイルが開くと思います。
先ずは「Read Me」を熟読しておいて下さい。
MUGENではこれが大事で、解凍したら取り敢えず、テキストを開いて読んでおくのが良いでしょう。
説明書を読んでから使うのは、世の中でも基本です。
さて、各自それなりに理解できたら(完璧じゃなくて良いです。取り敢えず「そーいう事なの、かな?」位で構いませんので、先ず読むのが大事です)、Windows Mugen Plusのファイルを開きます。
そして、

ぶっちゃけこっち読んだ方が早いと思うんだ

このページの一番下の、おまけのWin版を拾って、dateフォルダにぶっこんで下さい。
上書きするか訊かれますが、構わずやっちゃって良いです。
これで、mugen.cfgが日本語訳されますので、判りやすいかと。
では、dateフォルダの中のmugen.cfgを、テキストエディタで開きましょう。
何それ知らない、と言う人もいらっしゃるでしょうが、つまるところメモ帳です。
メモ帳で開いて、[Config]で検索をしましょう(検索は、”編集”タブをクリックすると出てきます)。
そして、そこの数字を、こう変えていきます。

AfterImageMax = 128
LayeredSpriteMax = 22000
ExplodMax = 10000
HelperMax = 56
PlayerProjectileMax = 10000

書いてない部分はそのまんまで良いです。
=の後ろは半角スペースがあります。
気を付けて下さい。
これで、大抵の無茶は大丈夫です。
どうしても重いなら、LayeredSpriteMaxを4000位下げましょう。
ここは、お急ぎの方は省略しても問題はありません。
一部の特殊なキャラが動かなくなるというだけですから。
次に、DoubleResで検索を掛けて、

DoubleRes = 4;0

こうしましょう。
;(セミコロン)の右側は気にしないで下さい。
また別の機会で説明します。
これで、ドットやエフェクトを綺麗に描画できるハズです。
続けて、[Debug]で検索して、

Debug = 1

を、

Debug = 0

とします。
これを忘れると、画面に白い文字が羅列されますので、見難くなります。
基本、製作者位しか使わない機能ですので、こうしておいても構わないと思います。
これだけやったら取り敢えず保存(不安ならバックアップしておいて下さい)し、winmugen.exeをダブルクリックしてみましょう。

MUGEN初期

こんな画面が出れば、起動成功です。
取り敢えず、最初に見たRead Meの通りに操作してみましょう。

これで、貴方もMUGENの世界に足を踏み入れる事ができました。
まだまだ素っ気無い貴方のMUGENですが、ここから世界に一つ、貴方だけのオリジナルな格ゲーが出来上がるのです。

では、今回はここまでです。
次回は、「キャラ、ステージ等、データの集め方」を説明していきます。
読了、有難う御座いました。
18:04  |  未分類  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Hi there it's me, I am also visiting this web page regularly, this web site is really
fastidious and the users are genuinely sharing pleasant thoughts.

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |